Q & A

よくあるご質問

発電機を実際に稼働させて負荷をかけ、その際に、スプリンクラーや消火栓などを正常に稼働させられるだけの出力があるかを確認する試験です。

無負荷運転(空ふかし)は電気事業法において行われる発電機のエンジンが掛かるかの確認点検です。それに対して消防法において行われる負荷試験は、実際に発電機に負荷をかけ運転することで、非常時に近い状態で稼働テストを行うことができます。

消防法により、年に一度、負荷運転(または内部観察等)を含む非常用発電機の総合点検の実施と報告が義務付けられています。

点検の実施・報告を行わず、事故が起きた場合、法律により罰則が科せられる場合があります。